小学校の第1学期終業式

1学期最終日になりました。
1年生は69日間、2・3・4・5・6年生は70日間の1学期でした。
みなさんにとって、この1学期はどんな1学期だったでしょうか。写真で皆さんの1学期をふりかえってみます。


まず1年生です。
1年生を迎える会の写真です。
上級生から大歓迎されてプレゼントもいっぱいもらいました。
とてもうれしそうな笑顔です。
小学校に入学して、上級生の優しさにいっぱいふれた1学期でした。


2年生です。とっても大きなナスですね。
農園で収穫した写真です。
2年生は、身近な自然にいっぱいふれていました。
他にもミニトマトを育てたり、学校の裏のビオトープで生き物を見つけたり、そしてカブトムシを育てたりしていましたね。
自然といっぱいふれた1学期でした。


3年生です。地域の方の農場を訪問しました。
教えてもらって植え、芽が出た黒豆を農場に植えさせていただきました。
今頃はどのぐらい大きくなっているかな?
今田の人にお世話になって、今田の人の仕事にふれた体験でした。


4年生です。4年生は、ぬくもりの郷にある「みのり」を3年生と一緒に訪ねました。
「みのり」で働いておられる人のお話や出品されている農産物のお話を聞きました。
今田の人の思いを聞き、今田の人の仕事にふれた1日でした。


5年生です。5年生と言えば自然学校。
日本海に出かけ、2泊3日の体験をしました。
海辺での様々な体験はとても楽しかったですね。
ぜひ海辺での生活と今田での生活を比べてみてください。
どちらにもよさがあります。
今田の良さは何なのか。今田をもっといいところにするにはどうしたらいいのか考えてみてください。


6年生です。5年生と一緒に窯元めぐりをしました。
5年生のアドバイスを送りながら、見学しました。
そして、窯元の皆さんの焼き物作りにかける思いを聴きました。
今田の人にふれることができました。

6年生は、もう1枚。
最上級生として1学期本当に良くがんばっています。
これは1年生に折り鶴を教えに来てくれたときの写真です。
最上級生として一生懸命頑張る姿は、1年生をはじめとした下級生にしっかりと伝わっています。
下級生はかっこいい上級生の姿を見ています。
あんなお兄さんお姉さんになりたいと思っています。
6年生の皆さんも「あこがれ」の素敵な6年生めざして一層頑張ってください。今田の自然や歴史、仕事、そして何より友達や上級生、今田の大人の人など今田の人にいっぱいふれた1学期でした。
今田からしっかり学んだ1学期だったと思います。
「今田に学ぶ」ことをこれからも大切にしてください。今田に学んで自分の力をしっかりつけていくためには、友達と一緒に頑張れる、お互いに支え合うことのできる教室をつくることが必要です。
そんな教室をつくっていくために頑張ってほしいことがあります。それは、いつも言っていることです。


「おはよう」のあいさつ
「はい」の返事
「ありがとう」の感謝
3つの言葉を大切にしてください。
これは、相手も自分もそしてそれを聞いているまわりの人もしあわせになる言葉です。
この言葉が自然と聞こえてくる教室に、これからもしていってください。
夏休み中は、おうちでも、地域の中でもいっぱい使ってください。
それでは、いい夏休みを送ってください。
2学期、8月29日始業式の日に元気な笑顔の皆さんと出会えるのを楽しみにしています。

大そうじ

1学期使った教室や特別教室などの大そうじです。

教室の机はいったん廊下に運び出します。

すみずみまで掃き掃除をして、ぞうきんできれいに拭いていきます。

窓を新聞紙で拭いている学年もいます。

「ありがとう」の気持ちを込めて美しくしました。

下校の様子を参観

今田まちづくり協議会に定期的に来て研究している大学生2人が、子供たちの下校の様子を見たいとのことで、今田小学校を訪問してくれました。地域の中での子供たちの支援を考えるに当たり、放課後児童クラブで過ごしている子供たちの様子や子供たちの下校の様子を見て、研究に生かしたいとのことです。

子供たちにも紹介し、子供たちも元気にあいさつを交わすことができました。

大学でしっかりと学び、子供たちも地域も元気になる方法をいっぱい研究してぜひ実践につなげてください!

児童会スタンプラリー

児童会行事、スタンプラリーの実施です。

グループに分かれた子供たちは、スタンプラリーカードを持って校内のいろいろな場所を巡ります。するとそこには6年生が・・・

出してくれるヒントをもとに、謎を解け!

さあ、謎は解けたかな?

楽しいひとときを演出してくれた児童会に拍手!

夏の臨時(下校)バス運行開始

今日から夏の臨時(下校)バス運行開始です。

徒歩で長距離歩いて下校する子供たちは、暑い時間帯に長い時間歩いて帰らなければなりません。子供たちの安全を考え、地域のバス会社様のご協力のもと、夏の臨時(下校)バスとして、運行していただいているものです。

今日から夏休みを挟んで、9月16日(金)まで運行していただきます。

よろしくお願いいたします。

ブックトーク

5年生が司書の先生にブックトークをしていただきました。

今日の本の紹介は、「ツバメ号とアマゾン号」です。湖の中にある無人島にツバメ号で渡り、夏休みを過ごす4人きょうだいのお話です。

わくわくするような夏休みの過ごし方を話していただき、夏休みを前にした子供たちの気持ちもわくわくです。

ブックトークは、本のあらすじを紹介するだけではありません。関連したいろいろな情報を提供し、本の世界に興味を持たせると共に、そこから読書がさらに広がっていくことをめざしています。

今日も司書の先生は、夏のワクワクが広がるような本をいっぱい持ってきてくださいました。ブックトークを聞き終えた子供たちは、いっぱいある本を手にとって夢中になって読んでいました。担任の先生が「そろそろ終わるよ~」と声をかけてもなかなか本から顔が上げられない子もいました。

とっても楽しい1時間でした。司書の先生、ありがとうございました。

委員会活動

今日は1学期最後の委員会活動です。

5、6年生がそれぞれの委員会に分かれて活動を行いました。学校生活が少しでも潤いのあるものになるようにと、それぞれの委員会が考えて活動しています。

全校生で取り組んだ歯みがきカードの集計やアルミ缶回収ボックスの掃除、新聞づくり、児童会行事の準備、本棚の整理、体育倉庫の掃除など、みんな一生懸命がんばっていました。ありがとう。

窯元めぐり

5、6年生が窯元めぐりに出かけました。この窯元めぐりは去年も5、6年生で行いました。去年の経験がある6年生が5年生をリードしながら窯元さんを巡っていきます。

バスに乗って、まず到着したのは「陶の郷」です。陶の郷には丹波焼の歴史がわかるような展示や様々な作品が展示されています。また、施設内の「窯元横丁」には、窯元さんの作品が展示・販売されています。「いいなあ」と思う焼き物もいっぱいありました。おうちの方が窯元をされている子は、にっこりしながらおうちの窯を紹介してくれました。

陶の郷を見学した後は、立杭の集落内の窯元さんめぐりです。小グループに分かれ、集落の中を歩いて、いくつかの窯元さんを訪問しました。窯元さんからインタビューしたり、実際に作業されている様子を見学させていただいたりしました。

それぞれの窯元さんが独自の工夫を凝らしながら、丹波焼をつくっておられます。窯元めぐりを通して、窯元さんの丹波焼に対する熱い思いにふれることができました。日本の六古窯の一つである丹波焼。今田の大切な宝物の一つにふれることができた1日となりました。ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。