ばら組 小学校見学に行きました

2月25日(木)にばら組さんが小学校の見学に行きました。まず、1年生教室に行き、ほんの少しの時間でしたが、教室の中に入り国語の授業の見学をしました。1年生が「スイミー」の音読を聞かせてくれました。その後、各学年の教室を見学し、最後に小学校の先生のお話を聞きました。一番子供たちの印象に残ったのは、いすに姿勢を正して座るために「足ペッタン 背筋ピーン」をがんばろうねということでした。素敵な小学生になるために、あと1ヶ月の幼稚園生活で意識して身につけてほしいと思います。

最後に1年生からプレゼントをもらって幼稚園に帰りました。

 

幼稚園 2月のようす

2月はばら組もさくら組もお話遊びに取り組みました。

ばら組は「森の歌」のオペレッタをしました。はじめは教室で、2月に入ったら遊戯室で遊ぶようになりました。たくさんの歌やせりふを覚えて、楽しそうに取り組むようすが見られました。

  

さくら組は「ももたろう」それぞれに鬼やおじいさん、さるやきじ等の役を演じることができていました。園長先生が見に行くと、すごく張り切って大きな声で歌を歌うようすが見られ、ほほえましかったです。

  

児童会選挙が行われました

令和3年度の児童会役員立会演説会と投票が2月12日に体育館で行われました。8名がそれぞれの役職に立候補して、こんな今田小学校にしたい等、自分の思いを演説しました。

当選した児童は8名の思いを受け止めて、また先輩の良い伝統を受け継ぎ、素敵な今田小学校にするために力を尽くしてくれることと思います。

 

祝 三宅剣龍賞受賞

 

2月11日に三宅剣龍賞授賞式が行われました。市の教育書道展小学生の部で優秀な作品と認められた本校6年田中鈴緒那さんが受賞しました。この賞は、丹波篠山市出身で日本を代表する書道家三宅剣龍さんにちなんだ賞です。受賞おめでとうございます。

2月の学校ディスプレイ

今日は2月3日(水)立春です。今朝は寒かったですが、暦の上ではもう春。

そこで、2月の学校ディスプレイはおひな様。春がやってきたかのようです。

ところで、昨日の節分では、今田小学校の教室にも赤鬼と青鬼がやってきたようです。1年生ははじめは少しびっくりしたようですが、一人一人が赤鬼と青鬼のところにやってきて、自分の中の退治したい鬼を、お話ししました。 

「忘れ物をもうしません」「あわてんぼになりません」「あばれんぼうの字を書きません」などいっぱい鬼に伝えて、退治をしました。

                    その後、鬼はすごすごと退散して、お空に帰っていきました。

 

今日は節分

2月2日(火)この日が節分なのは124年ぶりだそうです。今田幼稚園にも青鬼と赤鬼がやってきました。

まずはさくら組 鬼が怖くて先生にくっついていた子供もいましたが、みんな勢いよく新聞紙で作った豆を鬼に投げて、鬼退治をしました。 

ばら組は、みんな最初から勇ましく、怖がることなく豆を投げていました。鬼は早々に逃げていきました。

 

青鬼はピコピコハンマーを持って豆を打ち落とし、赤鬼は虫取り網で豆を集めていました。

1月18日避難訓練を行いました

幼稚園・小学校合同で地震想定の避難訓練を行いました。26年前の1月17日に阪神淡路大震災が発生し、6400人を超える方がお亡くなりになりました。そのご冥福をお祈りするとともに、各クラスでは訓練に先立ってもしもの場合の自分の身の守り方などの学習しました。

避難訓練では、座布団で頭部を守りながら、グランドの中央に集合しました。幼稚園の園児は避難の距離が長かったですが、静かに避難することができました。 

避難訓練後、小学生は体育館にて東日本大震災を経験した本校職員の話を聞きました。福島県内の小学校で社会の授業をしていたときに地震が発生し、窓ガラスが割れ、放送も聞こえない混乱の中避難をしたそうです。「この経験は語り継がなければならない」という思いで話されました。子供たちも心に感じるものは大きかったように思います。

残念ながら、自然災害はいつ起こるかわかりません。もしもの時に自分の身は自分で守る自己安全管理の意識を持って生活しなければならないことを再確認することができました。